MVP(Maggy Video Photograph)

ギプスや捻挫の好きな人々へ

こんにちは、maggyです。
このページに載せる記事は、ブログに書こうかな?と思いましたが、初めてこのサイトを訪れる方に是非読んでほしいと思い、残せるように別の枠を作りました。

 

私は先日、「ギプスフェチ」というビデオ作品を作りました。
よく「足フェチ」とか「メガネフェチ」など聞きますが、「ギプスフェチ」ってそんなに聞かない単語だと思いませんか?
なぜなら「ギプスが好き」「他人の怪我に興味がある」なんて、「他人にできることなら知られたくない趣味」だからです。
また、一般的に見ても秘匿している人がほとんどなので、人数も少ないような気がします。
もっとも、世界的に見れば、何百万の方が同じような趣味を持っているんですけどね。
特に、日本でのこの分野は非常に閉鎖的で、「ギプスサイト」を取ってみても、ここMVPを含め数えるほどしかありません。

 

皆さんは、「ギプス」「捻挫」「骨折」「松葉杖」なんてワードを入れて、このサイトに来たのかもしれません。あるいはYouTubeを見て?
まず最初に私が言いたいのは、「ギプスが好き」「包帯が好き」そんな趣味があっても全然おかしい事や異常な趣味ではありません。
人間には誰しも嗜好があり、意外なものが好きだったり、興味があって普通なんです。
例にあげると、私事ですが、砂消しゴムやゴムの消しゴムが好きで集めていました。クーピーに付いてたようなやつ。あのあまり消えない使いにくい消しゴムの、独特のゴムの匂いがたまらなく好きでした(笑)現在でも、同世代の女性が好むとは思えない、ダムや碍子(がいしと読みます。電線や鉄塔についてる絶縁器具)なんかも好きですし、廃墟も大好きです。今は所持していませんが、1100ccのバイクを乗っていた時期もありますし、バイクや車も自分でセッティング出しちゃうくらい好きでした。…とまぁ、誰しもそんな見かけによらない趣味は存在します。
だから、もし皆さんがギプスや松葉杖に憧れても何にも特異なことではないんです。

 

ただ、「ギプスになってみたい→骨折したい」「本物の怪我がしたい」そう望むのは、一般常識としてNGなのは分かりますね?
そもそも「怪我は治すもの」です。「私はギプスフェチです」っておおっぴらに言えない最大の理由だと思います。
最近のインターネットやスマホの普及は凄いですね。
ギプスの好きな皆さんがやっている検索ワードを指定して行う検索を、小中学生でも出来る訳です。

 

もしかしたら、今、この記事を読んでいる方にも未成年の方がいらっしゃるかもしれません。
「捻挫したいです」「骨折したいです、やり方を教えて…」そんなメールを受け取ることもありますし、YouTubeのコメントにも(返信のコメントが無いものは見えないように設定していますが)顕著にそれは表われています。
大人の皆さんに言いたいのは、もし未成年の方のそんな質問を見かけても、優しく示唆したりしないでください。
また、質問する未成年の方!「安易に物事を考えてはいけません。聞けば教えてくれるだろう…なんて甘い考えは持たないことが賢明」です。

 

これは、「捻挫したいのでやり方を教えてください」という女の子に送った回答です。
未成年の方で彼女のように私に捻挫の方法や骨折の仕方を尋ねるのは間違いです。
私は常識ある大人でありたいと思っています。(こんなサイトを運営しといてナンですが)
まずは自分でいろいろ考え、悩んでみてください。

 

 


Tさんからのメール

…略

 

そーですよね、変なこと言ってすみません。でも一回でいいから捻挫してみたかったんです
YouTubeみてほんとの捻挫がしたいって言ってその後捻挫できているので私も捻挫させてもらいたいと思って連絡してしまいました。方法だけでも教えてくれませんか?

 

iPhoneから送信

maggy 返信

こんばんは。私のギプスドラマの、ギプスフェチのYouTubeの動画の話ですね?
あれは動画の冒頭にもありますが、フィクションです…。
「フィクションです」と言う意味は、いわゆる「これは作り話です」…と言う意味です。
テレビドラマや映画でも、全てが本当の話じゃないのは分かりますよね?
あのドラマに関しては、種明かしをすると、すでに捻挫した友人に撮影の協力をして頂きました。

 

捻挫や骨折を望むと言うのは、反社会的な行為となります。
例えば、そうですね…yahoo!の知恵袋などに、体育を休みたいから捻挫したい、骨折したいので方法を教えてください。
などの質問を見かけますが、どう思いますか?
一般的に怪我は治すものであり、そんな理由でするものじゃないですよね?
もちろん質問者は大真面目で体育が休みたかったのかも知れません。
でも、一般常識として、怪我はわざとするものではないんです。また、仮にその方法を知っていたとしても、未成年の中高生に知識を授けるのはタブーです。
知恵袋の回答者も、やめたほうが良いの意見が多いように思いました。
それが大人の回答なんです。
仮に、知恵袋でAさんと言う回答者が、細かい指示を露呈して、自傷するように幇助したとします。
実際に、質問者が実行して、障害が残る様な大怪我をしたり、死んでしまったとしたら…。
保険や警察の調査で、知恵袋の回答が出てきてしまったら、当然回答者のAさんも罪を問われかねません。
ましてや未成年の中高生に、考えもなくその様な方法を示唆したAさんは、間違った行為をしたと私は断言できます。
逆を言えば、親切に回答してくれた方に迷惑をかけるとも言えます。
…そのような、大人のルールを理解することも必要です。

 

仮にですが、例えば、わざと高所から飛び降りて骨折し、病院に行きますよね?
病院という場所は、無料ではありません。
医療費の何割かは、ご両親が負担することになります。
一般的には自己負担3割で後は、国や自治体の負担になります。
不慮の怪我や病気に保険を適用される分には問題ありませんが、仮に自傷の場合、保険金詐欺の対象にもなりかねません。
似たような性癖で、リストカットがありますが、大抵の場合こちらは精神科で治療することになります。
また、わざと車に轢かれた人も知っていますが、彼女は骨盤を骨折し、子供が産めない体になりました。

 

私からの提案としては、誰も見ていない場所や知り合いのいない場所で、包帯を巻いてみたり、漫画やドラマを見て、自分を傷つけない範囲で、自己処理をしてみて下さい。自分ができる範囲で趣味を楽しみましょう。
まだ若いんだし、活動も活発な時期です。
チャンスがあれば、きっと体験できるでしょう。
それでも…もし、成人して、思い描いているようなチャンスが無く、今と同じ悩みを持っているようでしたら、また私に相談してください。
その時は大人の女性としての対応でご相談に乗らせて頂きます。

 

私はこのようなサイトを運営し、ギプスや捻挫のドラマを作っていますが、決して自傷行為を推奨していません。
憲法19条に思想の自由がありますが、どのような思想でも思い描くのは自由です。
しかし、家族や友人、あるいは他人に迷惑かける行為は時として処罰の対象となります。
難しい話ですから、もしかしたらまだ、あなたには理解出来ないかも知れません。
でも、何となくなら…きっと理解出来る筈です。
例えば、幼女が好きな変態男にしても、アニメを見たり、絵を書いたり、想像する分には罪にはなりません。
しかし実際に、他人のお子さんを誘拐するなどの行為は重い処罰が下ります。
分かりますよね?
ギプスが好き、捻挫が好きと言う趣味は、大抵の場合、同じ趣味や思考のない人には受け入れられません。
もちろん同じ趣味の人は意外にも多く存在するのですが、実際に、あまり褒められた趣味ではない為、家族や友人、恋人など、周りに隠している人が殆どです。
しかしながら、この趣味において強く言えることは、例にあげた幼女趣味と大きく異なる点、つまり「他人に迷惑をかけにくい」と言うことです。
実際に怪我をした人をガン見するのも、自分の手足にギプスや包帯を巻いて歩くのも、何の罪にもなりません。
私の知る限り、老若男女を問わずこの様な趣味や嗜好がある人が世界中に多く存在します。
多くの方から、「自分は幼少時からギプスや包帯、他人の怪我が気になって、自分も怪我をしたいと言う願望があった」と伺いました。
少し特異ではあるけど、決して間違った趣味でも、危険な思想でもありません。三つ子の魂百まで…と言うくらいですから、あなたもきっと、何十年経ってもギプスや包帯が好きだったり、憧れたりするでしょう。
だからこそ、長い目でみて、その趣味や思いを大切にしてください。
今、私が言えることはそれだけです。

 

 

maggy

 

…と、まぁ私なりの考えを返信致しました。

 

未成年の方は、特に「もっと深く考えて下さい」。
正直、大人の方でも怪我やギプスを懇願している人は少なくありません。
実際に怪我をして苦労した…思っていたより大変だった…なんて方もいます。
ただ、言えるのは、怪我をすると周囲の方に迷惑をかけることは避けられません。
直ぐに治ってしまう怪我ならばまだしも、一生残る後遺症が出るとも限りません。
せめて、成人して自分で責任が取れるようになってから考えてみても遅くはありませんよ!

 

このメールを送信した女の子から、返信が届きました!

 

 

 

 

こんなに長い文ありがとうございます。何度も返信に時間をさいてもらってすみません(土下座絵文字)私が思っていることをきちんと話せたのマギーさんが初めてだったのですごく助かりました。ほんとうにありがとうございます。文を読んで分かりました。少し考えを改めようかなっておもいます!悩んでいる私の相談を真剣に乗ってくれてありがとうございました(土下座)すごく嬉しかったです

 

iPhoneから送信

私の文章なんて大したものではありませんが、これを読んでほんの少しでも、「正当な行為でないこと」「親や周囲に迷惑をかけること」「心配をかけること」など分かってもらえたら嬉しいです。そして「ああ、自分はこういうのが凄く好きなんだ」ってその趣味を受け入れてください。
きっと少し気持ちが楽になると思います。「自分は普通じゃない!こんな気持ちおかしいよ」って否定すればするほど葛藤の中で迷ってしまうと思います。

 

 

 

「大人のギプスフェチの欲望を紛らわす方法」としては、maggyビデオを見るのが一番なんじゃないかと自負しています。
あ、宣伝しちゃいましたね(笑)

 

ビデオやYouTube(こちらのほとんどの映像はビデオの宣伝ですが)を見る他に、女性でしたらモデル体験もありでしょう。
こちらも必ず、成人してから連絡くださいね。
男性でしたら、「体験ギプス」ですね。
イミテーションの怪我ですが、不自由な体験とともに、短い時間ですが、満足感も得られるでしょう。
怪我もしてないのに綺麗なギプスが巻けて、介護までしてもらえるなんてそんな体験、他ではできませんよ!

 

とにかく、その趣味を他人に迷惑をかけない範囲で楽しんでください。
大丈夫、あなただけが特別な嗜好を持っている訳ではありません。
お仲間はたくさんいますよ☆

未成年の方へのメッセージ

最後に、未成年の方へ私からのメッセージを読んでください。

 

・「骨折がしたい」と思っても安易に階段から飛び降りたり、車にはねられたりしないでください!

 

「骨折」は「骨が折れる」と書きます。「骨が折れる」の同じ意味で「とても大変なこと」なんです。「骨折」と一口に言っても、軽いものから一生治らないようなひどいものまでさまざまです。
わざと自傷する行為は、そのけがの程度を選べないのです。
もしかしたら死んでしまうかもしれません。
あなたの大切な人(両親や兄弟、友人、など)にたくさんの心配と迷惑をかけてしまう恐れがあります。

 

・悪い大人に騙されないでください!

 

例えば、あなたがネットで知り合った人に「骨折したい」とか「怪我がしてみたいんだ」って悩みを打ち明けたとします。
理性ある大人であれば、幇助(ほうじょと読みます。助けること)したりアドバイスをすることはありません。
でも、今は怖い世の中なんです。あなたの相談に乗るふりをして、実際に会って何をされるか?わかったもんじゃありません!
仮に「骨折させてあげるよ」なんて言う大人がいたら、絶対に信用してはダメです。

 

・「ギプスが好き」はいけないことじゃないでも言わない方が良いこともある

 

芽生えてしまった感情は、もう殺すことはできません。受け入れましょう。
そして、他人に迷惑をかけない範囲で楽しんでください。
例えば、「骨折した女性が見たいから」と言って、他人の骨を折る行為は犯罪です。
これは理解できていると私は信じてます。絶対にやったらダメなことです。
また、この趣味は理解されないことが多いです。
私の知り合いで、結婚式場まで予約した方がいました。式を目前に結婚相手に趣味をカミングアウトしたら、変態扱いされて婚約破棄となりました。これは極端な例ですが、実際にこのようなことはあるんです。
特に日本では、閉鎖的な考えがいまだに強くありますので(多数と違う意見、風潮を受け入れられない)、できれば自分の心の中にとどめておくことが賢明だと思います。
あなたが成人して、自分の考えでカミングアウトすることが可能ならば、私のようにサイトを運営したり、動画をアップするのもいいと思いますよ。

 

 

本当はもっと、説教くさいことを書きたい気持ちもありますが、(十分書いたようにも思えますが)上記理解できるよう努めてください。